logohead      
     
 

[ 美術学科 ]
   学科概要
   研究室

▼美術学科コース概要
   日本画
   洋 画
   彫 刻
   芸術文化
   視覚芸術


[ デザイン学科 ]
   学科概要
   研究室


崇城大学HP

美術学科 コース紹介

視覚芸術 コース

 

表現の可能性はボーダレス
視覚芸術の世界は多様化しながら、様々な表現方法が求められています。だからこそ、現在のアート/デザインを問い直すことで、芸術の新たな可能性が見えてきます。
視覚芸術コースでは、目に見える芸術を総合的に見直し、今「芸術にできること」を考えるために、美術とデザインの領域を横断して、既存の視覚芸術の表現方法にとらわれず、さまざまな自己表現の手法を追求するアーティストを目指します。

教 員
永田 郁 准教授

全コース教員が指導担当します。

版画、染色等専門の科目は非常勤講師が担当します。

カリキュラム
視覚芸術コースでは、美術学科・デザイン学科の開講科目が受講でき、美術・デザインの領域をさまざまに体験し(1~2年次)、自分が進みたい領域を発見し(3年次)、各自の専門分野に進んでいきます。卒業研究では自身の専門領域と対応した研究(制作系・論文系・プロジェクト系)に取組みます。そのため、学生それぞれの履修パターンがあり、コース担当教員との充分な話し合いを通して卒業までのプログラムを組み立てていきます。

 

 

   

 

学生作品/活動

a

学科展Cava展作品

a

視覚芸術アトリエ

a

光のドローイング

a

工芸基礎実習(版画)

 

 

 

平面表現:日本画・洋画 ミクスドメディア  版画 染色

立体表現:インスタレーションなど

映像表現:写真、CG、映像制作など

 

卒業後に期待される主な進路
アーティスト、カメラマン、イラストレーター、映像作家、評論家など

 
[top▲]
 
copyright©2011 Sojo University, Faculty of Art. All rights reserved.