logohead      
     
 

[ 美術学科 ]
   学科概要
   研究室

▼美術学科コース概要
   日本画
   洋 画
   彫 刻
   芸術文化
   視覚芸術


[ デザイン学科 ]
   学科概要
   研究室


崇城大学HP

美術学科 コース紹介

日本画 コース

 

制作による人間鍛錬
日本画は常に自然と向き合って筆を握ります。季節の移り変わりや時間の経過の中で全てのものが変化する様を体で感じ取る感性を養います。それが日本の文化全てのベースです。更に作品を発表する中で力を付け、新しい現代の日本画を目指すかまたは徹底的に古典技法の習得を目指し創作をします。精一杯勉強することを楽しみ、その中で培われるものを誇りとして、その先の人生を歩んで欲しいと願います。

 

教 員
中村賢次 教授 学部長
佐藤和歌子 助教

 

カリキュラム
日本画は古来よりの日本特有の画材を使用しますので、その基本的な技法と表現を習得しながら、以下のような実習を段階的に行います。

 

 

   

 

学生作品

a

「桟敷茶屋」西田真由美( '07卒業研究)

 

a

「雛祭り」管林更紗('07卒業研究)

 

a

「忘却・霧雨」松本康一郎('07卒業研究)
 

細密写生
徹底した観察力と対象を把握する力を養います。

運筆

運 筆
和紙、墨、筆への理解を深めると共に、様々な筆法を学びます。

模写

模 写
古来の優れた作品を臨模することで、その技術を学びます。

金銀箔・砂子

金銀箔・砂子
日本画特有の画材である金箔や銀箔の技法や表現を学びます。

絹本

絹 本
絹は非常に繊細な画材です。その絹に描くことで、
より高度な画材の知識と技術を習得します。

写生

自由制作 ① 写生
日本画において最も重要な実習で、描く対象の中核・命を
写し取ることを目指します。

小下絵

自由制作 ② 小下絵
写生を元に実際に描きたいイメージを具体化します。

草稿

自由制作 ③ 草稿
制作の原寸大の用紙に、構図を踏まえ線で形を取ります。

本画制作

自由制作 ④ 本画制作
これまでに勉強してきたことを元に自己の自由な表現を目指します。

 

卒業後の主な進路
日本画家、重要文化財修復、美術教員、イラストレーター、学芸員、陶芸家、
陶器製造会社、皮工芸職人、ジュエリー会社、輸入雑貨、僧侶、崇城大学大学院進学

 
[top▲]
       
copyright©2011 Sojo University, Faculty of Art. All rights reserved.