logohead      
     
 

[ 美術学科 ]
   学科概要
   研究室

▼美術学科コース概要
   日本画
   洋 画
   彫 刻
   芸術文化
   視覚芸術


[ デザイン学科 ]
   学科概要
   研究室


崇城大学HP

美術学科 コース紹介

芸術文化 コース

 

芸術の力 見(観・視)るを愉しむ!
芸術・美術を理解することは人類がこれまで培ってきた文化を知ることです。世界にはさまざまな芸術作品(絵画・彫刻・映像・舞踏・文学・マンガ・メディアアートなど)が存在します。それらはこれまで耕された文化(culture)の上に成り立っています。「芸術って何か」をめぐり、五感を使って感じ取り、文化と照らし合わせながら理論的に芸術を学びます。その魅力や新たな発見を伝える方法を学ぶのが芸術文化コースです。

 

教 員
関根浩子 教授
永田 郁 准教授

 

カリキュラム
造形芸術の歴史を基礎として学び、さまざまな分野を通して、芸術に関する専門的な知識を深めていきます。本コースは興味に応じて、以下のような分野から選択して学べます。

 

 

   

 

学生作品/活動

a

学科展におけるワークショッフ

 

a

山鹿八千代座見学

 

a

卒展におけるギャラリートーク①

 

a

卒展におけるギャラリートーク②

 

 

 

造形芸術の歴史
美術史・芸術学に関する専門的な知識を習得します。

宗教と芸術
宗教と美術の関係を読み解きます。

舞台美術と映像
舞台芸術および映像メディアを含む現代におけるアートについて学びます。
デザイン学科とも連携。

芸術文化と伝統
日本の伝統文化および地域(九州・熊本)に根ざした文化について考えます。

アートマネージメント
制作以外で芸術の現場に関わる実務について習得します。

考古学と文化財
文化財をめぐる実務的な知識・方法論を習得します。
デザイン学科とも連携。

 

卒業後に期待される主な進路
美術教育者、学芸員、文化行政関係者、文化財保存行政関係者、研究者、美術批評家、美術作品を扱うイベント等の企画者、美術出版編集者、新聞・放送の文化部担当、画廊・ギャラリーの管理・運営者、美術作品に関する視聴覚資料の制作担当者、観光産業関係者など

 
[top▲]
       
copyright©2011 Sojo University, Faculty of Art. All rights reserved.