logohead      
         
 

■学科概要
使命・目的
教育システム
授業
時間割

▼コース概要
プロダクトデザイン
グラフィックデザイン
マンガ表現


[ デザイン学科 ]
学科・コース概要
  研究室

[ 美術学科 ]
学科・コース概要
研究室

芸術学部案内図

崇城ギャラリー

崇城大学HP

デザイン学科 使命と目的

design_teachers

デザイン学科で学べること
デザイン学科では横断的なデザイン分野の中から自分の興味や将来の目標に応じて授業を選択できます。

psgdmg

プロダクトデザインコース
 ・ 製品デザイン領域 (プロダクト、デジタルデバイス、家具、照明、生活雑貨 など)
 ・ 空間デザイン領域 (景観計画、ランドスケープ、インテリア、色彩計画 など)

グラフィックデザインコース
 ・ グラフィックデザイン領域 (ポスター、ブックデザイン、タイポグラフィ、パッケージデザイン など)
 ・ インタラクティブデザイン領域 (広告、WEB、インターフェイス、ブランディング など)
 ・ 写真・映像領域 (撮影、現像、画像編集、3DCG、動画編集 など)

マンガ表現コース
 ・ マンガ表現領域 (マンガ表現、マンガ文化研究 など)
 ・ イラスト表現領域 (イラストレーション、キャラクターデザイン、アニメーション など)

デザイン学科の使命
社会に組み込まれた個を自覚し、問題解決へ奉仕する職能に対応した技を研鑽できる人を育てます。


デザイン学科の目的
デザイン学科の目的を以下の3項目に設定しています。

1 世の中のあらゆる情報を再構築し、暮らしをより豊かにする可能性を追究する学問としてのデザインを習得し、高い倫理観と豊かな人間力を身につけた人材を育成します。

2 社会の様々な問題を発見し解決するデザイン力を育成するために必要な、コミュニケーション能力、情報分析能力、プレゼンテーション能力の向上を目指します。

3 専門実習や地域のコンテンツを基軸にしたプロジェクト授業、卒業研究等を通して、世界に通用するデザインプロセスや技術を身につける教育を展開します。

 

 

     
 
 
[top▲]
       
copyright©2010 Sojo University, Faculty of Arts. All rights reserved.